{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009556435868   整理番号:60A0024041

慣性荷重が油圧制御系に及ぼす固有非線型効果

Inherent non-linear effects in hydraulic control systems with inertia loading.
著者 (1件):
資料名:
巻: 173  号:ページ: 257-269  発行年: 1959年
JST資料番号: E0364A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
制御弁とすべりシリンダの系の作動特性における慣性荷重の固有非線型効果を考察.このような系は油圧制御系における多数の弁とすべりシリンダとの組合せまたは弁と電動機との組合せの模型とみられる.解析結果は一般の場合に適用される表現になっている,線型の解析が与えるストール荷重以下で動的なキャビテーションがおこることを示し,非液ラップの効果を説明.庄縮性,摩擦,洩れ,対称ラップ,外的なかく乱の影響をアナログ計算機で調べた.理論結果と実験結果との比較,摂動法の適用限界が述ベてある;写1図21表1参3
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る