{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009572951124   整理番号:68A0124702

ベルオキシニ硫酸塩を用いた酸化2,2’-ジビリジルの合成

Oacdationen mit Peroxodisulfat Herstellung von 2,2’-Dipyridyl.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 21  発行年: 1967年
JST資料番号: E0085B  ISSN: 0044-2402  CODEN: ZECEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 東ドイツ (DDR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ペルオキシニ硫酸塩,酸化は合成へ有用。アルカリ性溶液中にかけるピリジンの酸化を試験。ビリジンと炭酸ナトリウムの混合物を900Cに加熱した中にペルオキシ二硫酸を加えて加熱。ピリジン相の滅圧蒸留生成物ジピリジル,トリピリジルなどの混合物中から分留によ2,2’ージピリジルを得た。石油エーテルから再結晶。純粋な結晶としての収率20%。この方法によりKg単位の合成可。塩化鉄(II)よる圧力がま中での酸化,アルカリ金属,アルカリ土金属付加物の酸化,Raneyニッケルによる脱水素法などよ有有効;参6
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る