{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009585548388   整理番号:68A0200209

高透磁率Ni-Fe-Mo合金の磁気特性に対する板の厚さの影響

The effect of sheet thickness on the magnetic properties of a highpermeability NiFeCuMo alloy.
著者 (2件):
資料名:
号: 33  ページ: 125-126  発行年: 1967年
JST資料番号: B0665A  ISSN: 0537-9989  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
表記のニッケル・鉄合金は適当な熱処理により,異方性エネルギーと磁気ひずみエネルギーが減少し,高透磁率,低保磁力磁性体として優れた特性を示すが,本研究では,この合金の板厚を100μから20ミクロン程度まで変化させた場合の磁気特性の変化に対する影響を調べた。この合金の異方性定数が正,負の場合について,初透磁率,損失比,Br/Be比,保磁力などを測定した。結果として,板厚の現象が特性変化に影響するのは,磁壁エネルギーを通じてであること,板厚により,結晶異方性,内部応力による一軸異方性などが影響することなどを述べた;写図4参9
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る