{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009591924880   整理番号:62A0013706

InSbにおけるα,β粒界

Alpha and beta grain boundaries in indium antimonide.
著者 (2件):
資料名:
巻: 33  号:ページ: 2341-2345  発行年: 1962年
JST資料番号: C0266A  ISSN: 0021-8979  CODEN: JAPIAU  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
InSbで転位により6°の不整角をなす粒界をもつ双結晶をつくった。この境界をつくっている転位はInSbではα,β転位の一列に並んだものである。N形またはP形の結晶でこの境界を横切って電流を流したときの様子をしらべた。α境界はN,P形のものにおいて電流に対する障壁となったが,β境界はP形においてのみ障壁となった。このことはα境界はP形結晶中ではドナーとしてまたN形ではアクセプターとして振舞うことを示す。またβ転位はドナーの特性をもつことを示す。境界の状態に対するモデルを提出する
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る