{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009594296324   整理番号:68A0216324

ダイヤフラムリレー

The diaphragm relay.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 290  発行年: 1968年
JST資料番号: H0414A  CODEN: ELCCA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
このリレーはハーメチックシールした接点部分と,外部のコイル鉄心部分から成る。ハーメチックシールの内部には磁性金属の円板と,これに対向する鉄心があり,円板は千鳥形の切込みを入れて中央部が動きやすくなっている。鉄心の他端は外部に伸びて,コイルのしんになっている。円板と鉄心の対向面に,金または銀めっきして,電気的接点を構成,リ一ドリレーと比較してコイル能率が高いのが特長。コイル電流20ATで接点圧力11.5gに対する。また接点面積が広く,接点の汚染に強い;写図8表2参1

前のページに戻る