{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009598284622   整理番号:68A0118297

フタロシアニノマンガンおよびエチオポルフィリンI-マンガン錯体へのピリジンの配位

Coordination of pyridine to phthalocyaninomanganese and etioporphyrin 1-manganese complexes.
著者 (3件):
資料名:
巻:号:ページ: 847-852  発行年: 1968年
JST資料番号: C0566A  ISSN: 0020-1669  CODEN: INOCAJ  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
二種のフタロシアニノマンガン錯体および(エチオポルフィリンI)アセタトマンガン(III)へのピリジンの配位を研究した。電子スペクトルおよび化学的挙動はピリジンの存在に著しく影響される。ピリジンの定量の結果,フタロシアニノマンガン(II)には2分子のピリジンが配位し,(エチオポルフィリンI)アセタトマンガン(III)には1分子のピリジンが配位している。配位ピリジンは真空中で加熱することにより解離する。ピリジンの結合状態について考察した;図6表3参7
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る