{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009600582318   整理番号:68A0313949

Stopping Power Theoryよりの生物学的障害の予知II入射光子

資料名:
発行年: 1968年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
記事区分: 原著論文  発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
入射粒子による生物学的障害を知る上で有用な量子力学的モデルをX線照射の影響を説明するために拡張した。細胞核の臨界体積中に創生された二重結合の障害をもつ炭素原子は生物学的障害に関して必要.十分条件であることを決定した。それは入射X線との相互作用のろうの型。すなわち(1)電子の衝突によるK殼の電離にひきつづく炭素原子内のAuger cascade.(2)二次的電子衝突による2つの炭素-水素結合の破壊.(3)二番目の炭素-水素結合の破壊により生じたコンブトン効果による一方の炭素-水素結合の破壊によって誘発される。おのおのの不活化断面積の変異は.入射X線エネルギーと細胞生残の動力学的研究に用いたX線スペクトルを考慮した断面積の総計の関数として評価される。0.2より大きい生残レベルについての実験結果と理論とはよく一致していた。それ以下のレベルでは,生残しえないような非常に遅い成長をするクローンの場合の実験結果と比較すれば理論値が生じた障害を過少に推定することになる。最近の研究は,この基準の逆転が0.01より大きい生残レベルについて一致してみられ。それより低いレベルでは相違があるだろうということを示している。このような結果の生ずる理由をX線について必要.十分な仮定に基づいて考察した;写図4参28(村松 晋)
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る