{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009606795526   整理番号:68A0311877

筋小胞体のCa2+-依存性ATPase反応機構 I 反応速度論的研究(英文)

著者 (1件):
資料名:
号:ページ: 558595  発行年: 1969年
JST資料番号: F0286A  ISSN: 0021-924X  CODEN: JOBIAO  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ウサギ背筋のミクロゾームに分画から筋小胞体(SR)を分離し,γ-32P-ATPを加え,その取込みをみると,32PはTCAに対して安定で,その量はATP添加後5秒以内に最大値,約6mol/1017g SRたんぱくになり,その後ATPが分解されるにしたがって減少した。この取込みはCa2+を除くと速かに消失した。32Pの取込み量はCa2+濃度を増すにつれて増大し,ATPaseが阻害される程度にCa2+濃度が高くなって始めて一定値になった。またN-エチルマレイミドで添加は阻害された;写図26表2参20
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る