{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009612956078   整理番号:68A0182459

プラント制御の自動化

Automation in plant control.
著者 (1件):
資料名:
巻: 11  号: 11  ページ: 453-454  発行年: 1967年
JST資料番号: B0109C  ISSN: 0032-0838  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 予稿  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
英国のInstitue f plant Engnee r s会員に対する講演要旨である。自動化と人間労働の相補的関係を述べ,機械化の概唸との明確な区別として制御プロセスを導入する。電子計器類が人間の5官機能の代りに登場する。制御要素の変動の検出,基準特性質に対する比較ととるべき処置の決定,制御機溝への伝達の3プロセスが自動制御システムの根本となる。次第に複雑化してくるプラント内では,人間では処理しきれない多くの情報が扱われる。そのためにデ-タロガーの利用が生じてきた。将来の方向として,スキャナからの情報が,直接に電子計算機にはいり,ここからプラント制御を行なうようにならう
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る