{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009614932486   整理番号:68A0164858

樹脂モルタルの特質

Eigenschaften von Kunstharzm’drteln.
著者 (1件):
資料名:
巻: 34  号: 10  ページ: 512-514  発行年: 1968年
JST資料番号: B0069A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ポリエステル樹脂を用いて表題の試験を常温下で実施した結果,セメントコンクリートと似た特質を示すが,初期強度の大きいこと,特に曲げ引張強度が数倍高いこと,従って耐荷力は大きいが変形は大きいため許容変位量の大きいときとか,ひびわれのはいらない大きい変形の望ましいときに用いるのが適当なこと,鋼材で補強した樹脂コンクリートでひびわれのはいるときは防せいに留意すべきことなどを指摘している;写図7表1参2
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る