{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009624957525   整理番号:68A0148788

ガラス質のシアンエチルアセルセルレロースの緩和

Исследование диэлектрической релаксации циа-нэтилацетилцеллюлозы в стеклообразном состоянии.
著者 (3件):
資料名:
巻:号: 11  ページ: 2401-2406  発行年: 1967年
JST資料番号: R0216C  ISSN: 0507-5475  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
各種含有量のアセチル基,シアンエチル基水水酸基をもつ混合セルロスエステルのεεの温度依存性を0.4~l500kH1,-160°~+120°Cで測定した。ガラス状態ではεとεが部分的に重なりあう2つの領域が存在する。εmaxとεはシアンエチル基とアセチル基の比および場の振動数に依存する損失の両方の領域において重なああう。高振動で減少するεmaxの領域ではその重なりは分離する。各種温度でのεmaxの分析,活性化エネルギーの測定からアセチル基とシアンエチル基の運動が独立であることを結論した。主鎖に基づくCH2CH2CNの運動も独立している;図4表1参9
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る