{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009629074079   整理番号:68A0056901

ヘリングボーン形みぞ付ガスジャーナル軸受の安定性に関して高い圧縮数まで行なった実験

Experiments on stability of herringbonegrooved gaslubricated journal bearings to high compressi bility numbers.
著者 (3件):
資料名:
号: D4440  ページ: 11-20  発行年: 1968年
JST資料番号: B0433A  CODEN: NASCA   資料種別: 技術報告 (T)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
実験は6本の軸について行なった。軸の直径は3.8cm,長さは31.1cmで,この軸にはヘリングホーン形みぞの付いた二つのジャーナル部分がある。軸受は円筒形平軸受で大気中で実験した。軸は垂直にして回転させ,半周波数振動(HFW)が起こりやすくした。実験の結果,HFWは軸と軸受のすき間に非常に影響されること,ジャーナル部分全体にみぞをつけたものが部分的にみぞをつけたものより安定回転領域が大きいこと,条件によってはHFWを通過して再び高い回転数で安定領域で回転させられることなどが分った;写図11表1参11
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る