{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009630952675   整理番号:68A0009072

点カソード電子源

pointcathode electron sources
著者 (1件):
資料名:
巻:ページ: 15-21  発行年: 1967年
JST資料番号: B0980A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
点カソード電子銃のモデルについて解析する。結果を要約してしめす。このモデルによる第1次の集束特性について,また,球面収差および色収差についても考察する。この電子源の横方向のサイズは,放出時の速度,回折,これらの収差によってきまる。またこれらを考えて,最適の大きさ,放出角度をもとめ,電子の輝度が最大になるようにする。これより少し大きい放出角度で,電流密度が最大になる。電子源の大きさは,0.01~0.1μmが可能で,電流密度は100(ショットキ放出)から104A/cmになる;写図5参13
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る