{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009638802664   整理番号:68A0319166

3体崩壊を失う反応のしきい、イ直効果に関する意見

資料名:
ページ: 286-287  発行年: 1968年
JST資料番号: K19670041  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 予稿  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
A(x.yz)B型の直接反応の振幅は.非相対論的Mandelstam変数txzと粒予yおよび粒子のの重心系における運動エネルギーの関数である。反応機構の認識のために。三角図の正常しきい値特異点を使える可能性を指適した。微分断面積に対する解析公式を得この断面積に対応する表面の等高線地図を与えた;写図2
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る