{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009646519050   整理番号:68A0219157

KD2PO4を用いた光ビーム偏向器

A KDP light beam deflector.
著者 (3件):
資料名:
巻: 56  号:ページ: 1628-1629  発行年: 1968年
JST資料番号: D0378A  ISSN: 0018-9219  CODEN: IEEPAD  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
4つのKD*P(KD2PO4のこと)で作ったプリズムを用いた光ビーム偏向器の実験結果について述べる。+20KV・cmと-20KV・cmの間で,21分の偏向角が得られた。またそのときの分解能は22本であった。30KHzまでの偏向が得られた。このプリズムは,KD*Pプリズムを対角的に4つ配置し,そのまわりに2つの水晶のプリズムを置いて,光はKD*Pプリズムを計12回通過するようになっている。プリズムの大きさは14×14×3mmである;写図3表1参4
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る