{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009659854800   整理番号:68A0302114

直接原価計算における原価分類に関する若干の考察

著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 19-41  発行年: 1967年
JST資料番号: S0292A  ISSN: 0286-7842  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
直接原価,期間原価に分類する際,留意すべきことは,分類上の観点を明確にはあくするとともに,現実の企業の諸条件を考慮した総合的判断が要求される。その総合的判断の基盤は実際に直接原価計算が企業に導入され,作用されるその側面にそって判断される。NAA調査報告書「直接原価計算の現況」によ期期間原価および直接原価を規定。固定費,変動費という観点から,原価要素を直接原価,期間原価への分類に言及。また原価を直接原価と期間原価に分類する場合に影響をおよぼす条件として,1)営業量の増加を測定する単位の差異,2)要求される正確性の程度の差異,3)原価資料の使用目的の差異などを考慮;参34
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る