{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009662950445   整理番号:68A0075112

ッールの自動調整による旋削精度の改良

Automatic tool adjustment improves turning accuracy.
資料名:
巻: 74  号:ページ: 111  発行年: 1968年
JST資料番号: D0004A  ISSN: 0024-9181  CODEN: MACYA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
LAsalle勲墜chine Toolで自動車の差動歯車ケースの機械加工の改善をした。それは10ステーションの全自動トランスファマシンで,特長は工具を自動的に調整し摩耗を補正して,ほとんど確実にリミットを維持できることにある。キャリパーゲージで機械加工された中心孔径とトランスファマシンの方のパイロット孔径を検出して加工径がアッパリミットに近づくと本ゲージは仕上ステーションにシグナルを出し特殊なッールホルダを自動的にプリセットする本ラインは精度の改良のみならず工具を交換する時間も少くなったタイプチェンジも少しの調整ですむ;写図1
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る