{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009667594400   整理番号:68A0043745

日本の原子炉開発

著者 (1件):
資料名:
巻: 20  号:ページ: 23-32  発行年: 1968年
JST資料番号: F0270A  ISSN: 0387-2211  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
日本の原子炉開発の問題点を整理・指摘したもので,純学術的立場から推進されるべき研究炉開発計画の必要性と共に,エネルギー問題や産業構造までをも総合した動力炉開発計画を論じている。筆者はこれまでの日本における炉開発方法論の混乱を,背景の異なる海外の例や基礎科学もしくは模放的技術導入の方法論を使用した所にあるとして。創造的な工学的方法論の必要性を主張すると共に,日本におけるこれまでの失敗からこそ方法論を生み出しうるはずとし,指導者層と現実に仕事を実行している層の間の断絶が失敗を生かす道をとざしていることを指摘している;写図4表5
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る