{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009675278347   整理番号:68A0289978

圧力導水管路の寸法決定法

Optimisation of pressure conduit sizes
著者 (1件):
資料名:
巻: 20  号:ページ: 193-196  発行年: 1968年
JST資料番号: E0375A  ISSN: 0043-1338  CODEN: WAPOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
この問題については,サンガーおよびセリマノスの論文がすでに発表されてぷり,著者も1965年に発表した。1958年のSarkar iaの論文やフランクの方法などに検討を加え,著者の図式解法を述べたものである。種々の検討結果,この問題についてそれぞれの方法についてかなり改良の余地があることがわかり,いずれの方法でも直接結果を求め難い。著者の提案しだ平行接線法“は負荷条件がかな変っても,かなり有用でありかつ簡便に結果を求め得る。またこの方法は,揚水式発電所0場合に適用すると,その概算ができる;写図7参13
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る