{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009681563819   整理番号:68A0162321

大豆油と大豆粉末製造用の工場

Plant requirements for manufacture of soybean oil and meal.
資料名:
ページ: 1-58  発行年: 1968年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
記事区分: 原著論文  発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
大豆生産工場を外国で設立するに必要な基礎的情報の集大成。大豆油の製造法は(1)水圧ポックスプスス,(2)スクリュウプレス,(3)溶剤抽出,(4)溶剤抽出併用のスクリュープレスがあり,日産400t以上の規模では(4)が多いが(3)が最も一般的である。(3)法では原料1t当り3851bの油がえられ,溶剤はn-ヘキサンを用いる。前処理として180-200°Fに加熱すると採油が容易になり収率が向上する。本法はBollmanの法とHildebrandt法に分かれ,米国ではさらにBlaw-knoxなど4法に分化。抽出後,大豆末からの溶剤除去は簡単である。関係各種形式の装置を写真で紹介。次に工場を建設する際の必要事項を解説;写24
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る