{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009685232230   整理番号:68A0048718

振動系における摩擦粘度

資料名:
巻: 19  号:ページ: 171176  発行年: 1967年
JST資料番号: G0472A  ISSN: 0027-7657  CODEN: MENAA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
質量mに一定の力Sが作用する場合,摩擦係数をxxとすると,s>μmgの場合には加速され,Sく/4mgの場合にはその物体が静止するまで減速されるという法則が成立するが,もし基準水平面が水平方向に振動する場合,物体の平均速度はあたかもそこにある粘性抗力が作用しているように一定値を保つ.著者はこの現象を摩擦粘度(fric tiona.1 viscosity)と呼び解析している.このような状態で観察される平均速度は一般に力Sの方向のみでなく,直角方向Kも成分を有する;写図8
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る