{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009695972550   整理番号:68A0317839

化学的族分離後リチウムドリフト型ゲルマニウム検出器を使用した放射化分析法による岩石試料中の希土類元素の定量

Determination of rareearth elements in rock samples by neutron activation analysis with a lithiumdrifted germanium detector after chemical groupseparation
著者 (5件):
資料名:
巻: 41  号:ページ: 217-228  発行年: 1968年
JST資料番号: A0039A  ISSN: 0002-614X  CODEN: ALDGA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
500mgのG-1,W-1を4× 1012n/そsy s ec で6h照射後1日冷却し,N a202溶融まで分解し.キャリヤを添加し,水酸化物-ふっ化物沈殿操作を3回繰返して分族し,Ge(Li)検出器-γ線分光法でLa,Oe,N d,S m,Eu,G d≫ Tb≫ Tm,Yb.Luを定量;図4表2参9

前のページに戻る