{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009696387898   整理番号:68A0111425

義エネルギーメチルラジカルCH3Brの1850農における光分解

High-energy methyl radicals The photolysis of CH3Br at 1850A.
著者 (2件):
資料名:
巻: 48  号: 12  ページ: 5728-5729  発行年: 1968年
JST資料番号: C0275A  ISSN: 0021-9606  CODEN: JCPSA6  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
低水水銀灯を光源として3%のBr2の存在下で1850Aおよび2537蔓の光によりCH3BrからCH4を生成する量子収率を決定した。この際COの発生が認められたが,これはCH3Brとシリカが反応したためであった。3%のBr2は定量的熱ラジカル捕獲剤として働ハていた。CH4の量子収率は2537寡に対して(3.8±舗6)×10丸,1850λに対して(2.0±0.3)×10-2であった。定性的にはラジカルのエネルギーを懲淀したときCH3Brから水素をひきぬく確率が5倍になったことになる。CH3Iの場合10倍位大きい量子収率が報告されているが,その場合にはよう素の光増感反応が含まれていると思われる。振動職起ラジカルがひきぬきの速度を高めることはなさそうであると思われた;参11
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る