{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009716424264   整理番号:68A0171127

ワルファリンナトジウムの臨床評価と使用経験

Clinical evaluation and experience with warfarin sodium.
著者 (2件):
資料名:
巻: 75  号:ページ: 63-66  発行年: 1968年
JST資料番号: A0422B  ISSN: 0412-7994  CODEN: CLMEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本品の血栓性疾患への応用利点は溶解性が高く,消化管からの吸収が容易であって,作用の発現にむらがなく早いことにある。総計710名(内心筋こうそく症500名,脳血管障害110名)の患者に使用した。クマリン系の坑凝固剤に対する患者の反応を左右するものとして,薬物や物理的な外的要因,患者の健康状態などの内的要因力格種あるので,常にプロトロンビン時などを測定し,必要あれば各種因子を測定するなどして投与量の調節を行うことが必要である;表3参25
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る