{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009728751686   整理番号:68A0114575

亜硝酸および硝酸イオンの構造

Investigation into the structures of nitrite and nitrate ions.
著者 (3件):
資料名:
巻: 12  号:ページ: 1-11  発行年: 1968年
JST資料番号: C0463A  ISSN: 0324-5853  CODEN: PDPTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ハンガリー (HUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
10-1~10-5mol/のの濃度で亜硝酸および硝酸イオンの紫外スペクトルを測定し,π→π,n→π遷移の波数と吸光係数を決定した。Huckel法およびOruille-Thomas-Jones法にLCAO-MO法を適用して,固有値,部分荷電,結合次数,結合距臨,遷移エネルギー振動子の強度を計算し,実験値とのよい一致を得起。亜硝酸の4個の電子,硝酸の6個の電子は,欠陥のある結結合に関与している。硝酸イオンの場合,2個の縮退した非結合レベルが存在するπ→π遷移は阻害されていず,亜硝酸イオンについては1個の軸方向に,硝酸イオンについては面方向に各々分極している;写図6表12参13
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る