{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009729036727   整理番号:68A0037343

θピンチプラズマを通過するレーザービームのファラデー回転の測定

Measurement of the Faraday rotation of a laser beam passing through a pinch plasma
著者 (2件):
資料名:
巻: 22  号:ページ: 3449-3458  発行年: 1968年
JST資料番号: C0266A  ISSN: 0021-8979  CODEN: JAPIAU  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
プラズマ中の磁場を決める手段としての光ビームのファラデー回転について議論し,種々の検出系の相対的利点を考察した。θピンチを通過する6328ÅのHe-Neレーザービームの平面偏光の回転を測定する装置について述べた。立ち上り0.3μsの検出システムを用いて,最大回転角1.0mradを精度10%で測定した。プラズマ中の電子の密度こう配によるビームのふれは小さいことを示した。ファラデー回転の測定と磁気探針を用いた磁場の測定とは非常によく一致した;図11参29
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る