{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009734847687   整理番号:68A0002608

スピン粒子の量子論と古典論の間の関係

Interrelationships of quantal and classical spinparticle theories.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 944-953  発行年: 1967年
JST資料番号: A0576A  CODEN: NUCUA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イタリア (ITA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
外部電磁場の中のスピン1/2の荷電粒子に対する,ディラック-パウリ方程式の非量子化を行ない,これに対応した古典的運動方程式を得た。その結果,両者の間の関係が明らかになる。これを実行するにはパウリの相互作用項を含めることが本質的である。議論は相対論的に行なった;参21
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る