{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009735250579   整理番号:68A0130724

テストステロンによるラット前立せん機能調節の機構

A possible mechanism of regulation of rat prostate function by testosterone.
著者 (1件):
資料名:
巻: 150  号:ページ: 446-451  発行年: 1968年
JST資料番号: B0207A  ISSN: 0005-2728  CODEN: BBBMBS  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
細切前立せん組織によるK十の取込込みはテストステロン(10-7M)によって著しく促進されるがウアベィン(0.5mM)によって阻害される。アンドロジ識ンは肝細切肉あるいはじん表層切片には効果がない。テストステロインはCNa+-K十)依存,ウアベイン+++感受性ATPアーゼを非常に促進するが屈依存CNa-K)非g依存ATPアーゼ活性は促進しない。テストステロンの類似物質(19-ノルテストステロン17βーヒドロキシー5d-3-オン他3物旬は(Na+一K)依存ATPァーゼ活性を幾分阻害する。4上の結果より,原形質膜のホルモン感応性要素が前立せんの成長と機能の調節のレセブターであるという仮説を提出;写図3表3参12
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る