{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009754693813   整理番号:68A0119064

エタノールの酸化化学ルミネセンスとその酸化生成物

Oxychenii luminescence of ethanol and its oxidation products.
著者 (2件):
資料名:
巻: 58  号: 14  ページ: 160-169  発行年: 1968年
JST資料番号: D0443A  ISSN: 0028-9205  CODEN: NEEOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
室温でオゾンによりエタノールは酸化される。化学ルミネセンスは酸化生成物の次の酸化に伴なって生ずる。ローダミンB,没食子酸などのこん跡量の添加でルミネセンス強度は著しく増大する。アセトアルデヒド,酢酸以外の酸化生成中間体を仮定して反応機構を調べた;写図5参15
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る