{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
文献
J-GLOBAL ID:201602009757259170   整理番号:58A0063380

実験データに基く岩石成因論の問題

Вопросы петрогенеза в свете экспериментальных данных.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1958  号:ページ: 524-534  発行年: 1958年
JST資料番号: R0036A  ISSN: 0016-7525  CODEN: GEOKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
火山爆発条件を実験室において再現し,爆発が玄武岩しょうからの水の遊離によるものであることを確認し,ついで玄武岩しょうの水の成因を追跡している。さらに岩石の一般的生成過程はH2-Fe-H20系の変化に基く塩基性マグマの遂次転移過程と考えられると述べている
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る