{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009760628250   整理番号:68A0044407

ゼロ反応度法による天然ウラン黒鉛格子の実験

Experiments on natural uranium graphite lattices by the null reactivity method
著者 (3件):
資料名:
巻: 22  号:ページ: 337-3543381  発行年: 1968年
JST資料番号: C0325C  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ゼロ反応度法による,天然ウラン黒鉛格子臨界実験装置RB-1,(ボロニヤ)の無限増倍率の測定につき述べた。k-1に対する誤差は実験条件の良い場合2~3%であると見積られた。格子は臨界実験装置MIRIUS(ガダラッシェ)で置換法によりあらかじめ実験されており,これらの二つの方法の直接的な比較が可能である;写図10表10参10
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る