{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009769778688   整理番号:68A0268656

交立体ラーメンの計算について

Uber die Berechnung der orthogonalen rMumlichen Rahmen.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 240-245  発行年: 1968年
JST資料番号: B0057A  ISSN: 0932-8351  CODEN: BAUTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
3自:交立体ラーメンを方程式系の遂次近似解法を用いた変形法によって解く方法について述べた。ここで単位立体構造要素として,非直交配置されたはりを有する立体ラーメy,脚の平面に対して直交的て配置された支柱を有する立体ラーメン,およびすべてのはりが直効勺に配置された立体ラーメンの3つを採用した。さらに複雑な多竇立体ラーメン系についてはねじり伝達によって結合される要素を導入し,2種の遂次近似解法が適用できることを示した。計算例として鉄筋コソクX)-ト一層立体ラーメンの解法を行左った。このような方法によって電子計算機の容量を節約できることも強調した;写図12表2参24
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る