{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009775606430   整理番号:68A0253383

ラトピア共和国地方における早期フラスヌ期のたい積特性

Особенности осадконакопления в раннефранское время на территории латвийской ОСР.
著者 (1件):
資料名:
巻: 11  号:ページ: 46-56  発行年: 1968年
JST資料番号: R0161A  ISSN: 0038-5069  CODEN: SVGLA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本地方の下部フラスヌ階は層厚約170mで,上,下にわけられる。これらの地層のたい積期に,この地方はちゅう積平野で,下半部のたい積時には,隆起部,低地部,水中部に分れて’いた。上半部のたい積時に海進が始まり,全域が海になり始めた。しかし,この時期でも海成層とともに陸成層が共存して訟り,地層の厚さが場所により急激に変化する事実とともに造構運動とたい積作用の差異を示唆している。相帯と層厚の変化は地域の大構造要素と密接に関連して細り,その主なものはバルトたて状地南斜面と白ロシア複背斜端部である;写図2参2
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る