{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009786286500   整理番号:60A0095452

標準構成材を用いた整然たる設計

Standardized structures trim design costs but retain ver-satility.
著者 (1件):
資料名:
巻: 154  号:ページ: 46-49  発行年: 1960年
JST資料番号: B0447A  ISSN: 0013-4457  CODEN: ELWOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
金属製で15kV以下に用いる方形構成材,345 kV用金属製正方形構成材,345kV用金属portal,および845 kV用木柱構成材の4種の榎準構造を用い,これらを適当に組み合わせて変電所の構造物を構成する方法とその利点を述べた.いろいろの配線方式に対し,これらの構成材をいかに組み合わすべきかを示し,設計時間の減少,購入の容易,変電所の運営の共通花,安全性の増大,設計上の融通性の大きいこと,活線作業が容易になるなどの特徴があることを示Lた
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る