{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009788437778   整理番号:60A0011398

超格子をつくる合金の磁気抵抗効果に及ぼす組成と秩序度の影響

Effect of composition and degree of order on the magnetoresistive properties of superlattice-forming alloys.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 102-108  発行年: 1958年
JST資料番号: H0053A  ISSN: 0031-918X  CODEN: PHMMA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Cu-Pd合金についての電気抵抗とホール係数をいろいろの組成と秩序度につき測定,秩序が増すにつれてホール係数は増加し電気抵抗は減少する,これは超格子が形成された場合に最も顕著,正の担体と非干渉性散乱を行なう核を考察してこれらの量の変化を検討;図5参8
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る