{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602009807432197   整理番号:58A0057582

有限パルス化した帰環系の一般解析と安定度の研究

Study of Finite Pulsed Feedback Systems.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1958  号: 37  ページ: 148-162  発行年: 1958年 
JST資料番号: A0338A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
有限パルス系とは,出力が有限な幅および振幅のサンプル値を出すサンプラを一つ以上持っ系。ラプラス変換と同様,重畳の理が使われる。定数係数の階差方程式の組が導かれ,Z変換で解く。安定度はC(Z)の根で判別する。安定度は入力には無関係で,閉および開ループの両転達関数の琶点と零点の配位によって定重る
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る