{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009813286186   整理番号:68A0286765

Lewis Smithロックフィルダム

The Lewis Smith Rockfill dam.
著者 (1件):
資料名:
巻: 92  号:ページ: 81-105  発行年: 1966年
JST資料番号: D0421A  CODEN: JPWEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
アラバマ電力で上記のロックフィルダムを完成した。出力は157,500kWである。ダムはとりわけ大きいものでもなく,高さ300ft,堤長2,2OOft,堤体積5,200,000yd3である。このダムにより,ロールド・ロックフイルの建設が可能であること,その建設費が高くないこと,沈下量がダンピングやスルーシングのみによるものよりもずっと少いことが分った。沈下量は僅か0.4ft.で0.14%,他の場合の0.35%~1.4%に比して小さい。タイヤを100psiまでふくらませた50tのゴムタイヤローラを使用して4回転圧した。ロールドロックフィルの単価は0.623ドルであった;写6 図9 表5
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る