{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009814389965   整理番号:68A0246066

AB往復採炭式コンベヤ上走行トレノナナの開発と使用経験

UC0CL0The development of,and experiences with the AB double-ended,conveyor-mounted trepanner.
著者 (1件):
資料名:
巻: 127  号: 94  ページ: 549-564  発行年: 1968年
JST資料番号: E0285A  ISSN: 0026-5179  CODEN: MNEGA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
このトレパナは,下盤上ヒ走行式70HPトレパナ,トレパンシャラ125HP強力トレパ九片道採炭式コンベヤ上走行トレパナという過程を経て開発されたもので,本体は全長4.9m重重量10t,主電動機60HP×2,移動速度最高4.8m/min議1回の採炭幅70cmであり,通常切削できる高さは0.8~1.2mである。N研stead炭鉱など7か所における本機の最近の使用状況について紹介したが,これまでの最高記録は1週間当り精炭生産量4,713t,出炭能率16t/入方;写図4表5参13
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る