{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009818358452   整理番号:60A0113885

パルス放電を使用するスラグと焼結鉱の分析

К вопросу о ппименении импульсного источника для анализа шлаков и агломератов.
著者 (5件):
資料名:
巻: 25  号: 12  ページ: 1457-1459  発行年: 1959年
JST資料番号: R0131A  ISSN: 0321-4265  CODEN: ZVDLA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
標題の方法ではこれまでSiO2を正確に定量し得なかったので極間距離とスペクトルの関係をしらべ電源を改良,スペクトルは480Vのパルス放電で発生させる,放電回路の容量6000μφ,試料を銅粉と混合成形したものが陽極,陰極は銅,極間距離14cmが最適,一つの標準曲線によって高炉,平炉のスラグ焼結鉱の分析可能;図4参5
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る