{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009826589331   整理番号:68A0156789

二,三のN-アリール置換アントラニル酸の合成と薬理作用

Sintesi e proprieta’ farmacologiche di acidi antra-nilici-N-aril-sostituiti.
著者 (3件):
資料名:
巻: 23  号:ページ: 502-511  発行年: 1968年
JST資料番号: A0528A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イタリア (ITA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
標記化合物を合成し,その抗リウマチ効果をラットを使って調べた。これらは興味ある作用と非常によい局所および全身の耐薬性を示した。標記化合物の抗消炎性は”R”の性質によって異なる。分子内へのカルボキシル基を導入してもその薬理作用は変らないが,カルボキシル基のエステル化は,アルコ一ルラジカルに応じて各種の作用をあらわす。-COOCH3と-COOC2H5では抗消炎作用が滅少するのに対して,-COO-n-C4H9はその分子の薬理作用を再現する。プチルラジカルの導入はn-かt-プチルによやて異った作用を示す;写図1表7参12
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る