{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009827165608   整理番号:68A0010575

部分的に保存する軸性ペクトルカレントに対するGell-MannとLevyのσ模型

r f The model of GellMann and Levy for a partially conserved axial vector current
著者 (1件):
資料名:
巻: 52  号:ページ: 18-23  発行年: 1968年
JST資料番号: D0214A  ISSN: 0369-3546  CODEN: NIFAAM  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イタリア (ITA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Gell-MannとLevyによるσ模型において,フェルミ場の双一次形式の定義に関する問題から望ましくない様相を排除するために最近零質量粒子の存在が指摘された。ここではσ模型においてPCACを理解することは零質量粒子の存在を要請することなしに可能であることを結論する;参6
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る