{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009829146040   整理番号:68A0253596

北極圏エニセイ流域地方の降水の地球化学的特徴

К геохимической характеристике метеорных вод енисейского сектора арктики.
著者 (1件):
資料名:
巻: 178  号:ページ: 702-705  発行年: 1968年
JST資料番号: R0025A  ISSN: 0002-3264  CODEN: DANKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
70°N付近の面積450km2の地域からえた雪と雨の試料157個の化学組成を表示し,河谷・高原の斜面・高原の3地域別に分布の規則性を論じた。主な結論は次のとおり。産業排気の影響のない高原では主としてNaとSにとむが,その原因は岩石の風食が強いためであろう。また,この帯では無機イオン総量が比較的少なく,卓越風向の下流側にあるにもかかわらず,産業排気の影響はおよんでいない。高原の斜面では風食の影響も産業排気の影響もともに明りょうである。古い雪では無機イオン総量が多くなるなど;写図1表3
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る