{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009831865916   整理番号:68A0269728

有限要素法の現状とその将来

著者 (1件):
資料名:
号:ページ: 206-214  発行年: 1968年
JST資料番号: G0185A  ISSN: 0037-105X  CODEN: SEKEAI  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
有限要素法は固体力学の変分原理をマlリックス言語に翻訳したもので,大別して応力法と変位法とがあるとのべ,その概念および欧米と国内の発展の現状を説明している。主な項目は構造設計の合理化とマトリックス構造解析法,マトリックス構造解析法の概要,マトリックス構造解析法の現状(骨組構造他9項目)などである;参27
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る