{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
文献
J-GLOBAL ID:201602009844438782   整理番号:58A0053608

回路故障の自動検出装置

Automatic Analyser Identifies Circuit Faults.
資料名:
巻: 62  号:ページ: 91-93  発行年: 1958年 
JST資料番号: B0437A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
200~1200におよび多数の回路の抵抗値,対地漏れ抵抗などを迅速に測定し,断線,短絡などの故障をランプで表示する装置の紹介。内蔵する電源から信号パルスを出し,このパルスが正常に帰った時にのみ,継電器が働作して,次.の回路のチェックを始める動作を繰返し行っている
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る