{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009858337431   整理番号:68A0162854

流幼学上のブロセスを考慮しての押出工具のレイアウト法

Auslegung von Extrusionswerkzeugen unter BerUck-sichtigung rheologischer VorgStnge.
著者 (1件):
資料名:
巻: 90  号: 52  ページ: 19-52  発行年: 1968年
JST資料番号: B0851A  ISSN: 0019-9036  CODEN: IANZA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
押出加工に用いる工具の設計には,流動学の取扱う対象に伴う問題を充分考慮して行う必要があるとし,プラスチック材料の押出工具の設計時の考慮点として,構造粘性,流入修正率,粘弾性渦流,流れの抵抗性,内力分布などをあげ,この工具の形状の計算に用いる数式を展開している;図15
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る