{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009879268308   整理番号:60A0075162

マウスのどう孔に対するアトロピン様薬剤と神経節しゃ断剤との作用の相異

Differences between atropine-like and ganglionic blocking agents in their action on the mouse pupil.
著者 (1件):
資料名:
巻: 127  号:ページ: 313-317  発行年: 1959年
JST資料番号: E0052A  ISSN: 0022-3565  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
コリン作働薬カルバミノイルコリンを投与後,上記薬物を投与し,マウスどう孔の散大反応の有無からこれら薬物の作用部位を区別できる

前のページに戻る