{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009882546661   整理番号:60A0090909

リグニンを分解する微生物に関する研究

Auf der Suche nach Lignin abbauenden Organismen.
著者 (3件):
資料名:
巻: 14  号:ページ: 190-192  発行年: 1960年
JST資料番号: D0288A  ISSN: 0031-1340  CODEN: PAERAY  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
木材を食べる白ありの体内でリグニンが分解されるか否かを検討した。繊維素はセルラーゼにてヘミ繊維素に分解し,栄養源となる。SP廃液から回収したリグニンおよびリグニン含有物で白ありを飼育すると飼育可能。木材を白腐食する菌類を種をリグニン含有物上で培養するとリグニンは分解する。以上の結果から白あり体内の菌類がリグニンを分解すると結論;参3
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る