{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009899400970   整理番号:68A0117365

ポリメチン-メロシアニン染料に関す1H-NMRスペクトルの溶媒依存性

Die Loesungsnmi. ttelabhaengigkeit der ’ H-NMR-Spektren von einfachen Polymethin-Merocyanin-Farbstoffen. II. Die gehemmte innere Rotation der Dimethylaminogruppe
著者 (1件):
資料名:
巻: 235  号: 5/6  ページ: 335-340  発行年: 1967年
JST資料番号: E0444A  ISSN: 0323-4479  CODEN: ZPCLA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 東ドイツ (DDR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
D20,CD30H,DMSO-d6,DMFA,アセトン-d6,GDCI3,GGI4,ピリジンkどの各種の溶媒中で,(GH3)2N-(CH)n-○(n=1,3,5)の構造式を有する.メチルアミノ基の陽子共鳴吸収を測定した.スペクトルの温度こう配より,これらの回転の自由活性化エネルギーを計算した.溶液の分子と染料の会合によりジメチルアミノ基の回転は非常に強く制止される.会合エンタルピーが小さいため活性化エンタルピーは溶媒にほとんど影響を受けないが,活性化エントロピーには強く影響を受けるとしている;図2 表1 参11
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る