{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009912902476   整理番号:68A0180491

同位元素の分離塔の機能の研究

Contribution a 1’etude du fonctionnement des colonnes de separation isotopique par echange chimique.
著者 (2件):
資料名:
巻: 99  号:ページ: 1137-1147  発行年: 1968年
JST資料番号: B0277A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
N15の分離塔の遷移周期の実験を示した。N15の交換は硝酸水溶液と酸化窒素の向流で行なった。初期の遷移周期を2つにわけ,定常状態でこの2つの部分と遷移周期の相関関係を求めた。第2段階の遷移周期でNのの組成変化と塔の異なったレベルでの時間との関係を図示し数学的類似を求めた。この方法では塔が全還流で作動するとき,定常状態以前の遷移周期がどの程度であるかを知る必要がある。結果は酸化還元効果が両相で重要である上部域の効率を強調;写図8表4参7
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る