{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009925085655   整理番号:68A0180125

ゴムの老化抑制剤としてのp-フュニレンジアミンのNN1-アラルキル置換体とその活性度の関係

Зависимость между строением ’-арал кил замененных п-фенилендиамина и их активностью в чшестве ингибиторов старения резин.
著者 (2件):
資料名:
巻: 27  号:ページ: 23-25  発行年: 1968年
JST資料番号: R0155A  ISSN: 0022-9466  CODEN: KCRZA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
9種の置換体を合成し,天然ゴムあるいはCKC-30をベースどすカーボンプラック充てんの標準混合物に加え効果を調べた。正構造アルキルが同じ基である置換体はゴム混合物のスコーチを著しく促進する。フェニルとメチルベンジリデン,イソプロビルとアニシル,アニシルとメチルベンジデンの3種の置換体はサントフレックスIPと同じくオゾン老化と疲労の防止剤として効果が大きい。第1者のスコ一チに対する影響はサントフレックスIPよりは著しく小さいが,第2者と第3者は同程度である;表4参10
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る